共同生活ってどんな生活?

共同生活は、どんな生活なのでしょうか。
一言で共同生活といっても、様々な種類があります。
その共同生活は、大人だけでなく、子供のうちからも経験することが可能です。
子供の頃であると学校の寮生活がその共同生活にあたります。
寮生活は、学校から遠い子供たちが住めるようにと作られています。
学生であれば部活動などを行うと夜遅くなり帰宅するのも難しくなってくるからです。
また学生寮にも、学校が所有しているものもあれば、県や市が運営する学生寮もあります。
これは、周辺の学校の子どもたちがいて、違う学校の生徒たちと一緒に生活します。
大人になると、テレビでも話題になったシェアハウスのような形式で、一つの物件を複数人で借用するという形式も近年増加しています。
このように、現代社会において、共同生活は知らず知らずのうちに普及しています。

共同生活では、自分だけの行動だけをかんがえていると成立しません。
他人とのコミュニケーションもとても大切になってきます。
学生であれば、違う学校の生徒と過ごすことで、色々な情報共有の場所にもなり、学生生活においてプラスになることも多くあることでしょう。

シェアハウスなどでは、自分一人で借りる場合よりも安く広い物件にすめるというメリットもあります。
ただし、共同生活ですから、家に帰ったらゆっくりと過ごしたいと強く願う方々は、控えておいた方が無難です。
共同生活でも、部屋に入ると個室にはなりますが、建物内では一緒に生活している方々にもあったり、その中でイベント的なものや、役割分担などを設定する場合もありますので、皆との協力も必要になってきます。


○関連サイト
イベントなどもあり共同生活で楽しくすごせるシェアハウスを紹介しています …… シェアハウス